月の思い出!?

第12回★「『月』に思いを馳せること」」について

お月見ですか、

月見バーガーですか、

お団子ですか、

うさぎ、ですか、

ということで。


確か、真っ暗の月を新月というんでしたっけ。


昔、むかしのお話です。


田舎の夜は暗いです。





用事を終えて、山の上の家から換えるとき、


山の方の、電燈も少ない、たんぼ道を近道しようとして、


あぜ道を歩いていたら、


「???」


なにか違和感が。



見慣れぬ黒い風景が。


風景というか、気配というか、黒い中にも濃淡がというか、


足をとめ、目を凝らしてみてみると、


少し先であぜ道は行き止りで左右に別れ、


でも、まっすぐいけそうな・・・・。


よくよく見ると


屋根が、近くまで張り出し、あぜ道の高さと同じになっていた。




小屋というか、納屋というか、家に電気がついていなかった。


今みたいに、音楽聴きながら歩いていたら、



屋根の上を歩いたか


墜落していたのではと思う。



まあ、今は、そんな田舎道を歩かないかな。


そんなところ、もう無いか。


っていっても大昔じゃないんだけど。




それで、今晩は、


台風の影響で、お月様みえるのかいな?










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック